民商写真 玉川民主商工会 多摩川 街の夜景 ユニバーサルデザイン補助事業 町工場

運動広げたい!議論活発に 定期総会

 6月17日、第48回定期総会をひらきました。梅雨晴れといった天気の下、会員、役員、来賓含め43名が集い、生活と民商について話し合いました。

力強い世論を

 冒頭あいさつで関会長は、厳しい情勢のもと、商売と生活を続けていくために民商運動を大いに広げていかなければいけないと強調。東京にありながら日本の飛行機が入れない米軍「横田空域」や、「放射性物質汚染」に甘い特例法なども紹介しながら、法律をねじまげる政治を許さず、みんなで学び語り合い変えていこうとよびかけました。  来賓あいさつで、小畑・世田谷民商会長、依田・北沢民商会長、渕脇弁護士、青野税理士から、消費税ストップや憲法9条などをめぐる共同の運動を引き続きすすめていこうと激励のあいさつ。  また、元事務局員で現在国会議員秘書の岡田さん、こんど区議会議員選挙に出馬する川上さん、江口区議から、「世論の力が最も大きな力」という激励と報告がそれぞれありました。

商売と生活守る支部・班の集い

 総この1年間の活動について海老名事務局長が報告。生活がおびやかされる庶民負担増の行政に対し減免の申請、生活再建を中心にすえた条例づくり、消費税の学習や署名のとりくみ、次の世代の動きもとらえた民商支部・班での運動を強めようと新年度の方針議案が紹介されました。

民商こうしよう!

 第2部では、参加者は2つの分散討論会に分かれ、民商の活動について熱い議論となりました。

★…年間通してはそこそこの稼ぎになっているが、忙しいときと空いたときの波がある。安定していない。
★…好きな商売なので、働きつづけたい。息子も得意分野を生かして私は助けられてます。
★…ブラック企業で使い捨てにされている人が多く自営業で働く生き方がいいのかなと考える若い人たちも大勢。そういう生き方を応援できる、学べる民商であるべきじゃないかな。
★…若い人たちにとって充実した中身をもつ民商になろう。
★…大勢の業者が集っている会だから、もっと横のつながりを持ちたい。仕事の上でも補えあえれば。何か名簿がつくれたらいい。
★…存在を知らせるためもっと宣伝をしよう。
★…商工新聞に海外で消費税廃止した記事があったけど、知らせたいです。
★…高齢化社会っていうけど、保険料が高すぎます。基準も厳しく、特養ホームにとても入れません。
★…支部・班で集金する人を増やして、担当している軒数を減らそう。
★…各支部で、会員の実情を、きちっとつかみとれていないんじゃないかと思う。支部でつかんでいても常任理事会などで問題提起されていないんじゃないでしょうか?
★…様々な事情やニーズに合わせた会費あってもよいのでは。

新方針スタート

 最後に、報告された決算報告と来期予算、会計監査報告、方針議案、新役員を採択し承認されました。

保坂区長からメッセージ

今年も保坂展人・世田谷区長から温かいメッセージが寄せられ、会場で紹介されました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 本日は、玉川民主商工会第48回定期総会のご開催おめでとうございます。また平素より、皆様には大変お世話になり厚く御礼申し上げます。
 現政権は発足以来、年金減額の前倒し・マクロ経済スライドの導入による年金額の引き下げ、来年10月予定の消費税率引き上げなど、生活者にさらなる負担を求める施策を進めています。増え続ける社会保険料など生活者の購買力が下がる状況の中、「街の中小事業者」の生活を守るために活動する貴会への期待が高まっています。
 今春、世田谷区では、区及び区内産業を取り巻く社会経済環境の変化を的確にとらえ、新たな時代のトレンドやニーズに対応していくことを目的として、平成30年度から10ヵ年を見通した世田谷区産業ビジョンとビジョン実現のための方針や施策等の策定をしました。新たな産業ビジョンの特徴は、「人と生活を豊かにし、地域を育む産業」「世田谷区の特性を活かした多様な産業」「働く人が活躍できる機会の創出」を目指し、伝統的な産業である商業、工業、農業の枠組みにとわられず、『福祉、環境や建設などを含めた、地域を支える多様な産業の育成を進める』としたことです。
 また都内自治体としては初めて昨年12月に国の「共生社会ホストタウン」の登録を受けました。商店街等におけるおもてなしの充実として、段差解消簡易スロープの設置、点字付きメニューの作成や筆談ボードの配置などを推進するとともに、「(仮称)障害者にやさしい店舗マップ」の作成など、ユニバーサルデザインのまちづくりをしていきます。
 今、世田谷区内各地の商店街でも、厳しい経営環境の中、個人・家族経営の事業者が廃業により、減りつづけています。特徴あるお店が少なくなり、チェーン店・フランチャイズ店が増え、商店街の個性が次第に失われている状況です。世田谷区としても小規模企業振興基本法第7条の地方公共団体の責務にのっとり、街の中小業者の皆さまを応援するため、地域の産業が活性化するための振興策にひきつづき取り組んでいきたいと思います。
 最後に、貴会の平素からの相談業務や請願活動など中小業者の生活を守る地道な活動に心より敬意を表するとともに、貴会の益々のご発展を祈念いたしましてメッセージとさせていただきます。
 2018年6月17日
                   世田谷区長 保坂展人

民商へ相談

LINK
Copy Right(C)2015 著作権の表示All rights reserved.